BAGERA

バゲラについて

わたしたちバゲラは革製品をビスポークにて仕立てるオーダーメイドのアトリエです。

お客様のライフスタイルをもとにモダンにデザイン構築し、クラシックな手法によって素材が秘める美しい能力をひきだします。

『まだここに無いもの』を贅沢に時間をかけ特別な1点にして現します。

そこにマニュアルはありません。たびごとに冒険し、柔軟に方法を探します。

バゲラが考える良い革とは、職人がこだわりとプライドをもって丹念に仕上げられた革です。

カットサンプルではなかなかわかりにくいところですが、組み立て立体に仕立てるとその差は歴然です。

密度が高く、質感はしなやかで美しい平面と曲面をかたります。

作業はその美しさを引き出すことの積み重ねでそれは必然的に強度につながります。

金具は既製品の良いものを常に集めておりますが、バゲラでは特注金具もご提供しております。

真鍮を削りだして磨き上げたもの、また彫金師と相談しながら洋彫りをを施したり

革製品と同じくわたしたちが個々の鞄に合ったものをデザインし、あつらえます。

鞄や財布の内部に至るまで、特にご要望のあった場合や構造上やむおえない場合をのぞき、

内側に合成皮革や布・紙をお使いせずに革のみで仕立てております。

革はスライスし、厚みは自在に調節いたします。

作業量やコストがかかり、たいへん珍しい高級な仕立てではありますが歳月を経ても存在感が失われることがありません。

ご希望の場合には鞄にも、財布の場合には通常、外周を手縫いで仕上げます。

糸はフランスもしくはアイルランド製の麻糸を用います。

麻糸は革よりほんの少し強度が弱いので、革にダメージを与えず少し先に摩耗してくれます。

手縫い仕上げは経年で縫い直しが必要な場合がありますが、丁寧にお使いいただけますと世代を超えてお使いいただけます。

また手縫いはひと穴ひと穴縫い締めていきますので、革に最適な強度で喰い込み

革の表面に糸目の立体感が生まれそばの美しく染め、磨き上げられた断面コバの表情と相まって豊かな表情が楽しめます。

バゲラではパターンに時間をかけています。

素材とデザインに挑戦しています。

試作は部分試作でディテールの立体感やパーツの力関係などをみます。

また、全体のボリュームやバランス、ご希望のポケットのサイズ、使いやすい位置を考え確認するため紙や革などで全体試作(ボリュームスケッチ)をすることも多いです。

こうしてアイデアや愛着を発生させていきおいをつけて本製作につなげていきます。

 

3   1   2

和成 奈央子和田